• HOME
  • コラム
  • 慰謝料請求における債務の免除と他の共同不法行為者に対する効力

慰謝料請求における債務の免除と他の共同不法行為者に対する効力

Aが、Bに対し、BがAの配偶者Cと不貞関係を持ったことを理由に
損害賠償請求をした場合、理論的には、BとCは、共同不法行為者になると考えられます。

この場合、Aが、共同不法行為者の一人に対し、免除の意思表示をした場合、
免除の効力は、他の共同不法行為者に及ぶのでしょうか。

寺部先生-thumb-240x240-32.pngのサムネール画像
連帯債務については、民法437条は、連帯債務者の一人に対してした債務の免除は、その連帯債務者の負担部分についてのみ、他の連帯債務者の利益のためにも、その効力を生ずる旨規定しています。

この規定が、共同不法行為の場合にも適用されるのか、問題となります。

最高裁判所の裁判例には、
「民法719条所定の共同不法行為が負担する損害賠償債務は、いわゆる不真正連帯債務であって連帯債務ではないから、その損害賠償債務については連帯債務に関する同法437条の規定は適用されないものと解するのが相当である」旨判示したものがあります。
もっとも事案によっては、免除の意思表示の解釈として、他の共同不法行為者の債務も免除する意思であったと解釈される可能性もあります。

慰謝料請求について、分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。

人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

相談のご予約はこちら 0532‐52‐0991

Contents Menu

対応エリア
事務所概要
アクセスはこちら
事務所所在地

地元豊橋の離婚の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ

住所:愛知県豊橋市駅前大通3丁目
101-2 リバーサイドビル3階

TEL 0532-52-0991

寺部法律事務所
愛知・豊橋 債務整理自己破産相談
愛知・豊橋 交通事故後遺障害相談

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

c25_logo_1.gif

Google+
TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.