離婚の交渉、調停において、相手方に弁護士がついた方へ

はじめに

  離婚の話し合いをしているなかで、相手方に弁護士がつく場合があります。

  相手方に弁護士がついた場合、どのような点に注意したらよいか、どのように対応したら良いか、説明します。

相手方に弁護士がついた時に注意すべきこと

  相手方に弁護士がついた場合、直接、相手方と交渉をすることはできなくなります。

  したがって、こちらから連絡をする場合、相手方の弁護士に連絡をすることとなりますが、十分な準備をすることなく、いきなり相手方弁護士に連絡をすることは避けた方が良いと思います。

  離婚事件の代理人になる弁護士は、多くの離婚事件を手がけてきた法律の専門家です。一方、多くの方にとって、離婚は、人生で初めての経験です。

  このような状況の中で、十分な準備をしないままいきなり弁護士に連絡をしても、不利な内容の交渉となる可能性があります。

相手方に弁護士がついた時にこちらも弁護士をつけるべき理由

  相手方に弁護士がついた場合、当然ですが、こちらも弁護士を依頼することができます。

  離婚の交渉において、双方に弁護士が代理人としてつけば、お互いにプロ同士の交渉になります。

  離婚についての話し合いを対等に行うために、弁護士に相談をして、依頼されることをおすすめします。

調停手続きにおいて相手方に弁護士がついた場合

  調停手続きでは、弁護士を依頼すると、調停期日に弁護士が同席します。家庭裁判所に提出する書面は、原則として、弁護士が作成します。

  したがって、調停手続きで、弁護士を代理人に選任すると、打ち合わせをして、必要な書面や証拠を提出したり、調停期日に弁護士が同席することができ、弁護士の助言を受けながら、手続きをすすめることができます。

離婚事件を依頼する弁護士を選ぶときのポイント

  離婚について弁護士への依頼を検討する際には、離婚事件を多く扱って経験豊富な弁護士に依頼をされてはいかがでしょうか。

  離婚についての経験豊富な弁護士か否かは、ホームページに記載されている原稿の内容を見てみて、最後は、実際に面談の法律相談をして、判断をされてはいかがでしょうか。

最後に

  離婚の話し合いをしている相手方が弁護士をつけたという連絡があった場合、いきなり相手方の弁護士に連絡するのではなく、まず、落ち着いて、どのように対応するか、冷静に考える必要があると思います。

  そのうえで、こちらも弁護士を依頼することを検討することをおすすめします。

  実際に弁護士に依頼する際、離婚事件を多く扱い、離婚問題に精通した弁護士を選ばれてはいかがでしょうか。

  当事務所では、経験豊富な弁護士が、相談に対応しています。

  離婚問題にについて、分からないこと、不安なことがありましたら、弁護士までお早めにご相談ください。

初回相談料0円 離婚・慰謝料無料法律相談のご予約 TEL:0532-52-0991 お電話は平日9:00~18:00
離婚・慰謝料 無料相談会 完全予約制ですので、お早めにご予約下さい。
初回相談料0円 離婚・慰謝料無料法律相談のご予約 TEL:0532-52-0991
離婚・慰謝料 無料相談会 完全予約制ですので、お早めにご相談ください。