離婚のメリット・デメリット

離婚をすることには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。離婚に関しては、心情的な側面もあり、単に損、得で割り切れないことも多いと思います。また、幼い子供がいる夫婦の場合、子供にも大きな影響を与えることが多いと思います。

ここでは、私が離婚の法律相談を受けた経験から、離婚の当事者になる方にとって、メリット、デメリットと感じることが多い事項の一部をとりあげます。


デメリット

 1 従前の生活水準を維持できなくなる場合がある

   幼い子供をかかえた専業主婦の方などが感じる場合が多いと思います。

   離婚をすると、夫婦は、離婚した元配偶者を扶養する義務はなくなります。

   また、養育費については、離婚調停などではいわゆる算定表が用いられることが多いですが、算定表で計算された金額だけでは、子供に実際にかかっている費用をすべてまかなえないことも多いと思います。

   離婚によって、離婚前に経済的な自立ができていない当事者の方が、従前の生活水準を維持することができず、経済的な不安をかかえる場合があると思います。



 2 財産分与により相手方に金銭等を支払わなければならない場合がある

   結婚後、家計をささえ、自らが働いて得た給与から財産を形成した男性の方が感じることが多いと思います。

   離婚の際には、財産分与という制度があり、婚姻後夫婦で協力して形成した財産を、離婚のときに清算をする場合があります。例えば、結婚後、もっぱら夫が働き、妻は専業主婦で、夫の給与から生活費などで実際に支出した金額の残りを夫名義で貯金していた場合、離婚に伴う財産分与により、夫が妻に対し、金銭を支払う場合があります。



 3 慰謝料を相手方に支払わなければならない場合がある

   不貞行為などが原因で婚姻関係が破綻した場合、離婚に伴い相手方に慰謝料を支払う必要がある場合があります。



メリット

   婚姻中の夫婦がおっている義務がなくなる

   夫婦は、離婚によって、婚姻関係が終了しますので、同居、協力及び扶助の義務がなくなります。また、夫婦は、互いに貞操の義務をおっていますが、離婚によって、貞操の義務がなくなります。

なお、夫婦の間に子がいる場合、離婚によって、子供に対する扶養義務がなくなるものではありません。夫婦の間に未成熟子がいる場合、養育費の支払義務の問題が生じます。

   

 離婚のメリット、デメリットは、ここですべてを説明することはできませんし、精神的なこともあり、一概にメリット、デメリットと分類できないことも多いと思います。

 離婚をするか否か、決断できず、悩むことも多いと思います。離婚をするか否か決断するにあたり、離婚後の法律関係について、理解をしておくことは、重要なことだと思います。離婚を決断していない場合でも、離婚後の法律関係を理解するために、法律相談をすることは有用だと思います。

 離婚については、ご相談者の方がご自身でよく考えていただき、離婚の手続きをすすめていくのか、修復の努力をするか、悔いのない決断をしていただければと思っています。

 

 

 
 

 

 
寺部先生-thumb-240x240-32.pngのサムネール画像

当事務所が執筆したコラムです。是非ご覧下さい。

No
コラムタイトル
1
 離婚問題で押さえるべき視点
2
 離婚カウンセラーについて
3
 女性弁護士が加入しました!
4
 離縁原因について
5
 養育費の増減額
6
 家事事件手続法が施行されました。
7
 財産分与の請求手続
8
 家事調停手続における書面の提出
9
 夫婦関係調整の調停申立
10
 試行的面会交流
11
 女性弁護士による離婚相談
12
 不貞行為と慰謝料請求
13
 養育費の合意成立後の請求手続
14
 離婚、親族の範囲
15
 離婚、姻族関係の発生、消滅
16
 親子関係の発生
17
 婚姻費用分担
18
 離婚と親権
19  離婚原因について
20
 離婚の手続の種類
21  婚約の不当破棄と損害賠償
22
 嫡出推定最高裁弁論
23  財産分与
24  財産分与の対象財産(退職金)
25  教育費の増減額
26  嫡出推定最高裁判
27  離婚、親権者の代理権濫用
28  再婚禁止期間
29   夫婦別姓
30   利益相反行為
31  離婚調停の流れと弁護士の役割
32  日常家事債務
33  京都町歩き
34  亀田信介氏講演
35  森川亮氏講演
36  グッピー飼っています
37  祇園祭り花火大会
38  司法修習生の修習を担当しました
39  グッピーが成長しました
39  内縁関係の解消による財産分与の規定
40  再婚禁止と最高裁判所判決
41  婚姻関係破綻後の不貞行為
42  利益相反行為と遺産分割の協議
43   慰謝料請求を受けた場合の対応①破綻の抗弁
44  財産分与として不動産を譲渡する場合と税金
45  財産分与と慰謝料の関係
46  ご両親とご一緒の離婚相談
47  モラハラ(モラルハラスメント)と離婚原因
48  慰謝料請求を受けた場合の対応②不貞行為の否認
49  財産分与の債務者の破産
50  慰謝料請求を受けた場合の対応③慰謝料の金額
51  慰謝料請求を受けた場合の対応④求償
52  慰謝料請求を受けた場合、不貞の当事者双方が既婚者の場合
53  夫婦間の契約取り消権
54  不貞行為を理由とする慰謝料請求と消滅時効
55  離婚協議書の作成のポイント①総論
56  離婚協議書作成のポイント②養育費
57  離婚協議書作成のポイント③慰謝料
58  離婚協議書作成のポイント④財産分与
59  離婚協議書作成のポイント⑤年金分割
60  離婚協議書作成のポイント⑥面会交流
61  離婚協議書作成のポイント⑦精算条項
62  財産分与の対象 自動車
63  慰謝料請求における債務の免除と他の共同不法行為者に対する効力
64  夫婦同氏と憲法適合性
65  夫婦同氏と憲法適合性(続)
66  過去の婚姻費用の分担の態様と離婚訴訟における財産分与
67  婚姻費用分担の調停手続
68  養育費の調停手続き
69  家事事件とマイナンバー
70  離婚調停のポイント①離婚
71
 離婚調停のポイント②親権
72  離婚調停のポイント③慰謝料
73  豊橋市の離婚情報
74  不貞行為と慰謝料獲得のために必要な証拠
75  離婚調停のポイント④財産分与
76  離婚調停のポイント⑤養育費
77  離婚調停のポイント⑥年金分割
78  離婚調停のポイント⑦面会交流(面接交渉)
79  離婚調停のポイント⑧精算条項
80  離婚、不貞行為を理由とする慰謝料請求訴訟と証拠
81  離婚を切り出されたが、離婚したくない
82  事務所旅行にいってきました
83  離婚のメリット・デメリット
83  離婚が認められるための5つの条件
84  熟年離婚において注意すべきポイント
85  どこからが不貞行為として認められるのか
86  不貞行為の証拠とSNS



人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

相談のご予約はこちら 0532‐52‐0991

Contents Menu

対応エリア
事務所概要
アクセスはこちら
事務所所在地

地元豊橋の離婚の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ

住所:愛知県豊橋市駅前大通3丁目
101-2 リバーサイドビル3階

TEL 0532-52-0991

寺部法律事務所
愛知・豊橋 債務整理自己破産相談
愛知・豊橋 交通事故後遺障害相談

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

c25_logo_1.gif

Google+
TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.