• HOME
  • 不貞行為
  • 不倫をしてしまい、不倫相手の妻から慰謝料請求を受けた女性の方へ

不倫をしてしまい、不倫相手の妻から慰謝料請求を受けた女性の方へ

相手方に弁護士が代理人になっている場合、相手方が内容証明郵便で慰謝料を請求してくるケース、いきなり訴訟を提起するケースが多いと思います。

内容証明郵便が届いた場合、請求を受けた側は、相手方と交渉をして、和解を目指す場合もありますし、事実関係を争う旨を伝えて慰謝料請求に応じない場合もあります。請求を受けた側は、一括払いが難しいときは、分割払いでの和解を目指す場合もあります。
  似顔絵ping.pngのサムネール画像
訴訟が提起された場合、訴状を受け取ったままこれを放置すると、通常、裁判所が、原告の言い分だけをもとに判決をすることになります。したがって、しかるべき対応が必要になります。

 

訴訟が提起された場合、被告側は、通常、第1回期日前の裁判所が指定した期限までに答弁書を提出します。その後、多くの場合、1~2ヶ月に1回程度のペースで期日が開催され、裁判所が、双方の主張を整理します。

 

被告側の争い方としては、例えば、①不貞の事実はない②不貞の事実は認めるが請求金額が過大である③不貞の事実は認めるが、不貞関係をもったときには、既に原告の夫婦関係が破綻していた、などがあります。途中で和解の協議になる場合もあり、和解が成立すれば、訴訟手続きは、終了します。

 

和解が成立しなかった場合、多くの場合、裁判所が争点を整理し、その後に、当事者尋問、場合によっては証人尋問を行います。裁判所は、当事者尋問等の期日が終わった後、口頭弁論期日を指定する場合もあります。

 

裁判所は、通常、審理を終了すると、判決期日を指定し、判決期日には判決の言い渡しが行われます。

不倫に関してはこちらもご覧下さい。

●不貞行為について ●夫に不倫をされてしまった女性の方へ
●不倫相手になってしまった男性へ 不倫をされてしまった男性の方へ
不倫をしてしまい、不倫相手の妻から慰謝料請求を受けた女性の方へ  


人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.