不倫をしてしまい、不倫相手の女性の夫から慰謝料請求を受けた男性の方へ

結婚をしている女性との間で不倫をしてしまった場合、不貞行為に該当し、女性の夫から、慰謝料請求を受ける場合があります。

 

当事務所では、夫のいる女性と不貞行為をしたところ、夫が弁護士を代理人に選任し、慰謝料請求をしてきたというご相談を受けることがあります。夫の側が、弁護士を代理人に選任した場合、内容証明郵便にて、慰謝料請求をするか、いきなり慰謝料請求訴訟を提起する場合が多いです。
  寺部先生-thumb-240x240-32.png
内容証明郵便にて慰謝料請求を受け、慰謝料の支払義務自体を争わない場合、相手方代理人との間で、慰謝料の金額等について交渉するなどの対応を検討することになります。交渉に際し、多くの場合、支払総額、支払方法が中心になります。また、支払うお金について、慰謝料という名称を用いるか、和解金などの名称を用いるか、という点を交渉する場合もあります。その他に、謝罪条項を入れるか否か、今後、妻と連絡を取ったりしないなどの約束条項を入れるか否か、交渉する場合もあります。慰謝料請求の交渉が決裂した場合、夫の側は、訴訟を提起するか否か、検討することになります。

 

次に、慰謝料請求訴訟を提起された場合、これを無視し続けると、裁判所は、原告の主張だけを聞いて判決をすることになりますので、しかるべき対応をする必要があると思います。訴訟を提起された後でも、裁判の期日において、和解の協議をすることができます。

次に、不貞行為をした事実に争いはないが、夫婦関係が既に破綻していたという主張をする場合があります。ただし、不貞行為当時、相手方の女性が夫と同居していた場合には、裁判所が夫婦関係の破綻を認定することは少ないと思います。

いままでは、不貞行為の事実に争いがない場合を説明してきましたが、不貞行為をしていないにもかかわらず、女性の夫に誤解され、慰謝料請求をされる場合もあります。

 

その場合、通常、不貞行為の有無が争点になります。内容証明郵便にて請求を受けた場合、女性の夫の代理人弁護士に対して、不貞行為の事実自体を争う旨を回答するなどの対応を検討する必要があります。

 

慰謝料請求訴訟においては、原告の側に請求の原因を立証する必要がありますが、被告側も積極的に防御活動をすることが多いと思います。

不倫に関してはこちらもご覧下さい。

●不貞行為について ●夫に不倫をされてしまった女性の方へ
●不倫相手になってしまった男性へ 不倫をされてしまった男性の方へ
不倫をしてしまい、不倫相手の妻から慰謝料請求を受けた女性の方へ  


人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.