不貞行為(浮気)

面談0002-thumb-240x240-41.png

不貞行為とは、配偶者のある者が、配偶者以外の異性と性的関係をもつことです。肉体関係を持たないデートなどは含まれません。


「不貞行為」は、家庭裁判所における離婚申し立ての理由の2番目に多いものです。

不貞行為が離婚原因として認められるためには?

①証拠の存在

不貞行為が原因で離婚をしたい時は、相手方が事実関係を争えば、証拠が必要となります。不貞行為自体を立証する証拠が不十分でも、離婚は認められることはありますが、慰謝料や財産分与の交渉を有利に進めるためにも証拠はあった方がよいでしょう。


但し、夫と女性との肉体関係を直接示す証拠はないが、2人の交際状況から判断して離婚が認められるケースもあります。不貞の証明ができなくても、夫婦としての信頼が維持できないよう行為があれば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして、離婚が認められることがあります。

 

②不貞の程度

1回限りの「不貞行為」で離婚を認められるとは限りません。もちろん、「1回限りの不貞行為は許される」というわけではありません。

また、いったん配偶者の不貞行為を許した場合や復元の可能性がある場合、離婚請求する側に婚姻破綻の責任がある場合、子供のために好ましくない場合には、離婚が認められないこともあります。

不貞行為が離婚原因として認められるためには、証拠の存在は重要ですが、焦って、いきなり探偵に依頼するのは控えたほう良いでしょう。まずは、弁護士に相談して、どのように対応するのが良いかを確認してください。

当事務所で解決した事例の一部をご紹介させて頂きます。

No
解決事例
1
 不貞相手の妻から請求された慰謝料を200万円減額させた40代女性の事例

不倫問題におけるよくあるQ&A一覧

No
ご相談内容
Q1 夫の浮気相手に対して慰謝料請求はできますか?
Q2 離婚した妻が離婚前に浮気をしていたことが分かりました。慰謝料を請求することができますか?

 

不倫に関してはこちらもご覧下さい。

●不貞行為について ●夫に不倫をされてしまった女性の方へ
●不倫相手になってしまった男性へ 不倫をされてしまった男性の方へ
不倫をしてしまい、不倫相手の妻から慰謝料請求を受けた女性の方へ  


人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.