審判離婚

審判離婚は、あと一歩のところで調停が成立しない場合などに、家庭裁判所が調停委員の意見を聞いた上で、当事者双方の衡平を考えて、職権で調停に代わる審判を行い、離婚の判断を下します。


調停に代わる審判では、親権者の指定、財産分与、養育費請求なども審判をすることができます。確定した審判は、確定判決と同一の効力を有します。

nagasawa-egao0002-thumb-100x214-23-thumb-240x240-45.png

調停に代わる審判が下されるのは次のような場合です。

・当事者双方が離婚に合意しているが、病気などの事情により調停成立時に出頭できない場合
・調停案にほぼ合意しているが、一部に限って合意できず調停が成立しない場合
・当事者の一方が遠隔地におり、調停期日に出頭できないものの、裁判所調査官が離婚意思を確認している場合


審判離婚は、審判の告知を受けた日から2週間以内に当事者のどちらかから異議申し立てされると効力を失いますので注意が必要です。審判離婚は、現状ではわずかに留まっていますので、例外的な方法といって良いと思います。

離婚の種類については、こちらをご覧下さい。

●離婚の種類について
●協議離婚について
●調停離婚について
●審判離婚について
●裁判離婚について
●和解離婚について


人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.