よくある離婚事例 ①不貞をした夫に離婚と婚姻費用の分担請求したBさんの例

Aさんは、夫のBさんと8年前に結婚しました。Bさんは、会社員として働いており、Aさんは、結婚後は、専業主婦でしたが、昨年からパートをしています。AさんとBさんの間には、5歳になる子供が一人います。


Aさんは、昨年の8月ころから、Bさんの帰りが遅くなったことに疑問を抱き、こっそり、Bさんの携帯電話を見ました。すると、Aさんの知らない女性との親密な関係をうかがわせるメールを発見しました。


そこで、Aさんは、Bさんを問いただすと、Bさんは、不貞の事実を認めました。Aさんは、Bさんに対する愛情を失い、子供を連れて実家に帰りました。
しかし、Bさんは、生活費をAさんに渡しませんでした。

似顔絵ping.png

そこで、Aさんは、弁護士に相談しました。その結果、Aさんは、離婚と婚姻費用の分担請求の調停をすることとなりました。調停を申し立てた後、1ヶ月ほどして期日が指定されました。

 

調停期日では、まず、婚姻費用が問題となり、算定表をもとに交渉しました。その結果、婚姻費用については、調停が成立しましたが、離婚については折り合いがつかず、次回期日が指定されました。

 

約1ヶ月後、2回目の期日が開かれましたが、慰謝料の額などが折り合いませんでした。さらに、約1ヶ月後、3回目の期日が開かれ、子供の親権者を母と定めて調停離婚すること、Bさんが養育費を支払うこと、Bさんが慰謝料、財産分与を支払うこと、年金分割をすることで調停が成立しました。


調停成立後、Aさんは、市役所で戸籍の届出をして、社会保険事務所で年金分割の届出をして、その後、子の氏の変更の手続きをしました。

※このストーリーは、手続の流れなどを説明するためのものであり、フィクションです。

当事務所で解決した事例の一部をご紹介させて頂きます。

No
解決事例

 離婚調停で親権と慰謝料100万円、養育費8万円を獲得した20代女性の事例
2  協議離婚によりスムーズに親権、養育費の獲得をした20代女性の事例
3  財産分与が争点となったが不動産を得ることで和解離婚が成立した50代女性の事例
4  40代女性が調停離婚を成立させることができた事例
5  不貞相手の妻から請求された慰謝料を200万円減額させた40代女性の事例
6  50代女性が離婚成立し親権が認められた事例
7  40代男性が離婚を成立させることができた事例
8  40代女性が相手方の不貞を事由に協議離婚が成立した事例
9  夫の不貞を事由に慰謝料と財産分与について合意し、離婚が成立した事例
10  夫のモラハラを理由に親権と養育費について合意し、離婚が成立した事例

 

 

よくある離婚事例をまとめましたので、こちらも合わせてご覧下さい。

よくある離婚事例

No
内容
1
 不貞をした夫に離婚と婚姻費用の分担請求したBさんの例
2
 会社経営をするAさんの例 


人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.