支払いの約束が守られない場合

離婚の際に決めた、財産分与の分割払いの支払いがなされなかったり、養育費の支払いがなされない場合、法的に効果的な手段をとることができます。

 

協議離婚の際に決めた条件が守られない場合、条件の取り決めが契約書等の書面になっていれば、これを証拠として地方裁判所に提訴し、判決をもらって、相手の財産を強制執行することができます。

nagasawa-egao0002-thumb-100x214-23-thumb-240x240-45.png

また、書面が公正証書になっている場合で、「履行が滞った場合には強制執行されてもかまわない」という条項が入っていれば、強制執行手続をとることができます。調停離婚の場合は、調停調書が判決と同じような強制執行力がありますので、この場合も、給料の差し押さえ等の強硬手段をとることができます。

 

なお、婚姻費用等に基づく給料の差し押さえについては、従来は支払いが滞った分についてしか差し押さえができませんでしたが、平成16年4月から、まだ期限が来ていない将来の分についても差し押さえができるようになりました。

いきなりこのような強硬手段をとるのが難しい場合は、まずは家庭裁判所の履行勧告、履行命令の手続を取る方法もあります。

○財産分与や慰謝料の分割払いが滞っている
○約束した養育費が支払われない
○約束した婚姻費用が支払われない


このような方は、当事務所にご相談ください。弁護士が親身になって、あなたのお話を伺い、必要とあらば、代理人となって債権差押等の手続をとります。

離婚とお金の問題についてもっとお知りになりたい方はこちら

●慰謝料について
●財産分与について
●養育費について
●年金分割について
●婚姻費用について
●支払いの約束が守られない場合


人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

ちょっとした事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

ImgTop10.jpg

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●弁護士費用
●アクセス

soudankai04.pngのサムネール画像

TEL 0532-52-0991 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
〒440-0888  愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。
Copyright (C) 2012 寺部法律事務所 All Rights Reserved.